企業のホームページ作成の際に注意すべきこと

画像の流用など権利侵害を行わないようにする

image

企業のホームページを作成するにあたり、どういった点に注意すればいいでしょうか。まず、権利侵害を避けることが大事です。たとえば、「ネットを検索していたらホームページに使うと映えそうな画像を見つけたので、勝手に掲載した」といったことは厳禁です。こうした行為は「ネットで拾う」と呼ばれ、あまり深く考えないで行う人も少なくありませんが、こうした画像の大半は他人が著作権を持っています。当然、勝手に利用したら著作権侵害です。
近年、自分が撮影した画像を勝手に利用されたカメラマンなどが、ホームページの運営者を訴え、賠償金を請求するという流れになっていて、大事になるケースが増えています。訴えられるとコンプライアンス意識のない会社であるということが広まり、ダメージを受ける可能性が高いでしょう。

自社での作成は諦めてサイト制作会社に頼む手もある


ウェブサイトやサーバーに対する知識がほとんどないのに、背伸びして最新のブログツールを使ったり、専用サーバーを使うことも避けましょう。アップデートを行えないので放置していたら、データを盗まれてしまったといったことが起こりえるからです。顧客データをサーバーに保存していた場合、それが流出したらニュースになる可能性が高く、やはりダメージを受けることになります。
最先端のイメージを持つサイトを作りたいし、多くの訪問者が見込まれるので専用サーバーを使って運営したいという場合は、自社ですべてを行うのではなく、サイト制作会社と共同で作成と運営を行うのも一つの方法です。費用はかかりますが、きちんとした業者と組めば、企業イメージを損なわないデザインのホームページを運営できる可能性が高いでしょう。

HP制作に必要なスキルは、htmlとcssの理解です。htmlはホームページを構成する文字列を指し、cssはホームページを構成するデザインの事を指します。