みんなに読んでもらえるホームページを作ろう!

目に留まりやすい工夫をしよう

image

今やたくさんの個人でもホームページがある時代です。でも、せっかくホームページを制作してアップロードしたのであるのだから一人でも多くの人に人に読んでもらいたい思うでしょう。そこで、まずは、ホームページが資格に訴えるために、目に留まりやすいやすいように工夫をすることです。お店さんに例えるなら、入口が入りやすいようにしているのとおなじように、ホームページを訪れた人が何だか楽しい感じがするという気持ちを持てるようなホームページの入り口であれば、中にも入って見てもらえます。逆に、入口があまり目立たないで興味がそそられないとせっかくホームページにたどり着いも見てもらえないで違うホームページに移ってしまいます。

あれこれと書くよりも何かに一つ話題を絞ろう


せっかくホームページをアップロードしたのだからいろいろと自分の話題を書いていこうとしたら逆にホームページが何を訴えたいかよくわからないものになります。それよりも、自分の趣味などに何か話題を特化した方が興味がある人に読んでもらえる確率が高くなります。例えば、自分の住んでいる街の食べ歩きをホームページで掲載すると、その街に住んでいる人や旅行で訪れようと計画している人が興味を持って見てくれます。また、さらに詳しい人は、ホームページを介して、ここの近くの喫茶店にはこんな美味しいメニューがありますよ、などと交流も生まれたりします。一つのことに特化することで再訪してくれる方も出てくれるので更新する励みにもなります。